糖尿病患者が教える糖尿病サプリメント

2型糖尿病の管理人が試して血糖値を改善した糖尿病サプリをランキング形式で紹介

糖尿病とは?どんな病気か原因から予防方法、合併症まで詳しく説明

   

糖尿病という病気は凄く耳にする病気の1つですが、実際に糖尿病になったことがある人しかよくわかっていないということがあります。例えば「糖尿病=インスリン注射が必要」と思っている方も少なからずいます。 糖尿病とは実際にどういう病気なのか詳しく説明していきます。 血糖値を測定している様子

糖尿病とはどのような病気なのか

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度である血糖値が高くなってしまう病気です。

通常、ブドウ糖は、食事から摂取することで、食後の血糖値は上昇しますが、正常な人の場合には、インスリンという物質がすい臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞から分泌され、血糖値を下げることができますが、このインスリンの働きに何らかの問題が生じることで、血糖値が充分に下がらず、血糖値が高い状態が続いてしまう原因となります。

このように、インスリンの分泌に問題があって、高血糖の状態が長く続いてしまう状態が継続してしまうことを糖尿病といいます。 そして、糖尿病自体には、目立った症状はありませんが、高血糖が続くことで、次第に身体の血管や臓器にダメージが蓄積され、やがて、神経が侵されたり、腎臓に障害が出たり、失明することに至るなど、多くの合併症が現れることがあります。そのため、糖尿病の病気では、早期発見が非常に重要で、高血糖の状態が続いていたら、早い段階で治療を開始することが大切なこととなります。

しかしながら、糖尿病は、初期の段階では、自覚症状が無いことが多く、殆どの人は、自分が糖尿病とは気付かないため、定期健診などで、血糖値を測定して、始めて知ることが少なくありません。そして、初期症状として、トイレの回数が増えたり、喉の渇きが激しくなったり、体重が減少するようになることがありますが、この時点で糖尿病を疑って受診することで、悪化を食い止めることが可能となります。 また、口が渇いたり、喉が渇くため、常に多量の水分摂取をするようになったり、排尿の回数とともに尿量も増加し、手足のしびれを感じるようになったり、便秘になることもありますが、これらは、すべて、高血糖が原因となって引き起こされる症状です。

さらに、糖尿病の進行に伴い、自覚症状がはっきりと出るようになりますが、それは、ふくらはぎが攣るこむら返りや、手足の著しいしびれ、また、立ちくらみや、味覚に鈍感になったり、虫歯が多くなったり、視力が低下するようになってきますが、これらの症状は、糖尿病自体の症状ではなく、糖尿病による合併症の症状で、このような合併症は、糖尿病になってから、数年立った後に進行していきます。

つまり、合併症が出るようなはっきりとした体調不良が出ている場合には、病気の進行がかなり進んだ状態であるということがいえます

そのため、自分では自覚症状が現れにくい糖尿病の早期発見のためにも、定期的な検診や人間ドッグを受けることが必要で、症状があまり進行していない場合には、食事や運動療法で充分回復することが可能となります。なお、検診では、空腹時血糖値だけの値では、糖尿病の発見には至らない場合があるので、かかりつけの医師に相談して、本格的な検査を受けることも大切です。

日本人のほとんどは2型糖尿病

そして、糖尿病には、1型と2型がありますが、日本人のほとんどの人は2型で、遺伝的な要素もありますが、生活習慣の乱れが直接の原因となっていることが多く、予防や治療を行うためには、食事や運動が重要なポイントとなります。

また、1型とは、インスリンが分泌されなくなってしまうタイプの病気で、かつては、インスリン依存型と呼ばれており、日本人では、全国に700万人とも言われている糖尿病患者全体の1~3%程度ですが、14歳までの発症率が10万人に1.5人で、子供の発症率が多いといわれていましたが、年齢、年代に関係なく発症する可能性があることが判ってきています。

さらに、1型のメカニズムとして、血糖値を下げる働きをしている体内バランスを整える物質であるホルモンはインスリンですが、これを分泌しているのは、すい臓にあるβ細胞と呼ばれる細胞で、この細胞が破壊されることで1型が発症してしまうということになります。

1型には、2種類のものがあり、自己免疫の暴走が原因とされるものでは、体内の異物を攻撃し、病気を予防するための免疫システムが何かの要因で暴走してしまうことで、自らβ細胞を攻撃してしまう場合と突発性の1型糖尿病がありますが、なかには、原因不明で急激に重い症状が出現する劇症1型糖尿病というものもあります。

次に2型とは、インスリンの作用が不十分となるタイプの病気で、かつては、インスリン非依存型とも称されていましたが、全国の糖尿病患者の9割以上がこの2型で、実際に病院で治療を受けている患者数は250万人前後ですが、境界線患者や予備軍を入れると1600万人を超えるともいわれる患者数のほとんどがこの2型といわれています。

2型のメカニズムでは、1型のようにインスリンが出なくなるというわけではなく、単にインスリンの作用が不充分となる病気で、おもに、インスリンの分泌されるタイミングが遅いことが原因の場合と、インスリンの機能が弱くなって血糖値が充分に下がらないことが原因とされていますが、2型は、遺伝的な要素とともに、日頃の悪い生活習慣が重複することで発症してしまう病気とされています。

つまり、両親が糖尿病であるならば、子供も発症するリスクは高くはなりますが、生活習慣を正しいものにすることで、予防することが可能で、逆に、遺伝的な要素がなくても、生活習慣が悪化することによって、発症する危険性が増大するともいえます。

このように、1型は、基本的に原因不明の病気でありますが発症率は低く、2型は、遺伝と生活習慣から発症する病気なので、糖尿病の予防を考えるならば、生活習慣を正しいものに変えていくという心構えが非常に重要なことになります。なお、最近の米国の研究によると、糖尿病にかかっている時期が長期化することで、脳卒中のリスクが増大することが判りましたが、糖尿病は進行してしまうと完治することは今の医学ではできません。

そのため、血糖値をコントロールすることが何より大切なこととなり、血糖値を適切にコントロールすることができれば、糖尿病になっても普通の生活を維持することができるので、糖尿病と診断されたなら、運動や食事療法、薬などで血糖値を上手にコントロールしながら、この病気とうまく付き合っていくようにすることが大切なこととなります。

糖尿病の原因と予防について

日本人の糖尿病患者全体の1~3%といわれている1型は、インスリンを作る細胞が何らかの原因で破壊され、インスリン自体が分泌されなくなる病気ですが、かつては遺伝子の影響が強いと言われていましたが、実は、1型の原因とも言われる遺伝子は、必ずしも遺伝するような性質ではなく、どちらかというと体質の側面が強い病気であることが判明しています。

そして、全体の9割以上を占める2型は、インスリンが不全となる病気ですが、その要因として、血糖値を下げる作用が弱くなる場合とインスリンの分泌量が少なくなる場合の二つのタイプがあります。また、β細胞事態は健在でも、インスリンが出されるタイミングが遅れたり、働きや作用が弱まってしまうことから起こる病気とも言え、遺伝と生活習慣から引き起こされるとされることが判明しています。

なお、血糖値を下げる働きが弱まるひとつの要因として、肥満が挙げられますが、もうひとつの要因であるインスリンの分泌量が少なくなる体質とは、遺伝的な要素が強く影響している体質と考えられています。それは、2型の親から2型を発症する子供の遺伝の確率の方が、1型の親から1型を発症する子供の遺伝の確率よりも高いことが判明しているため、1型より2型の方が遺伝的な要素が高いということがいえるのです。

そして、2型の場合、遺伝体質もさることながら、長年の生活習慣も大きく影響することが判明しているため、親が糖尿病という遺伝的要素に加えて、生活習慣の乱れがあることで、高確率の割合で糖尿病になり易い予備軍であることは間違いがないといえます。

しかし、親が糖尿病でもその子供に必ず遺伝するというわけではなく、遺伝的な素因を持っている人が乱れた生活を続けることで、高確率で発症してしまうリスクが高まるということなのです。そのため、2型では遺伝というリスクを背負っているという意識を持ち、生活習慣を適正に保つ努力をすることで、リスクを減少し、予防することが可能となります。

また、親と子は、生活習慣が似ていて、子は親の作った食事を食べて育ち、親の生活習慣に合わせて生活するため、糖尿病を持つ親が乱れた生活習慣であれば、子供は体質の遺伝の危惧より、悪い生活習慣の踏襲に注意を払うことになります。そんな糖尿病を予防するには、家族が結束し、バランスが取れた食事を摂ることが重要で、運動も家族で協力して行ったり、お互いが思いやってストレスなく過ごせるような生活を送る工夫も大切です。 つまり家族が危機意識を持ち、食事や運動、生活習慣に気配りすることで、発症リスクを減少させ、予防効果も高くなります。

さらに、生活習慣から引き起こされる2型の原因として、日常の食生活に於いて、油分の多い食物や甘いものを多く摂り、野菜やミネラル分の多い食物は摂取せず、酒やタバコなどの嗜好品は常に取り、いつも時間に縛られストレスが多く、運動はほとんどしないうえ、歩くことも少なく、移動には車が多いなどが挙げられています。

そして、日常生活に於いて、食事や睡眠時間が不規則で、常に短時間で食事を済ませたり、睡眠不足の生活が長く続いていたり、さらに、家族や親戚に糖尿病の人がいることなどもこの病になり易い要因と言えます。 なかでも、特に、食事に於いては、糖分である甘味のほか、脂っこいものを好んで常食としている場合や、飲酒や喫煙が日常生活で大きなウエイトを占めている場合や、野菜をあまり食べないなどの食生活に於いても、バランスが悪い食事を続けていることにより、さらなる危険性が高まるといえます。

そのため、糖尿病の予防には、まず、生活習慣を見直すことが何より大切なことで、甘いものや脂っこい食べ物を食べ過ぎていると感じていたら、今日からすぐに控えるようにして、できるだけ野菜を多く摂り、栄養バランスが崩れないように心掛けたり、飲酒とタバコを嗜む程度に減少するようにしたり、適度な運動を行うようにすることが重要となりますが、どうしても運動をする時間が取れない場合には、なるべく歩くことを習慣付けるようにすると良いでしょう。

また、睡眠時間はきちんと確保することが必要で、ぐっすり眠ることで、ストレス解消を図れたり、体調が回復することがあります。 このように、食生活のさらなる向上と規則正しい日常を送るリズムを取り戻すことがこの病の予防の基本ともなります。 さらに、太っている人がかかり易いともいわれるこの病では、BMI値が25以上あることで肥満となるため、自分の体重や体脂肪、内臓脂肪などにも注意を払うことも必要です。 また、その他の原因として、遺伝子の異常が原因となる場合や、すい臓の病気、薬の副作用などのほか、妊娠に伴うホルモンバランスの変化でも発症することがあります。

妊娠時に発症することから、妊娠糖尿病と呼びますが、これは、妊娠中盤に胎児の成長のために出される物質がインスリンの働きを悪くしてしまうことが原因とされていて、胎児に重大な影響が出る場合があるなどリスクが高いため、医師と連携して確実な治療を行うことが重要です。

また、境界型とは、いわゆる予備軍に属している患者のことですが、診断では、糖尿病とはいえないものの、高確率の割合でこの病に進展することが予測されるため、一般の人よりも生活習慣に気を配り、定期健診を欠かさずに受ける必要がある人ということになります。

なお、近年では、正常高値という状態も設定されているため、予備軍の範囲は、より拡大していると考えて良いでしょう。 このような境界型かどうかの判定では、血液中の血糖値を測定する検査を実施して行いますが、調べる数値は、10時間絶食した状態で採血して測定した値である空腹時血糖値と、10時間絶食の後、75gのブドウ糖が入った飲み物を飲んで2時間後、血液を採取した測定値の2種類を調べます。

そして、境界型では、正常高値の場合より、高確率で糖尿病となる恐れが高く、この時点で動脈硬化が進んでいることも研究では明らかとなっているため、一刻も早く高血糖を改善するために、日常の食生活や運動などの生活習慣を見直して、改善する必要があります。

糖尿病の合併症について

糖尿病自体、特に目立つ自覚症状がなくても、高血糖の状態が長時間続くことで、身体中の血管に負荷がかかり、それが原因で、多くの合併症が誘発され発症してしまうことがあります。糖尿病でもっとも厄介で怖ろしい合併症が出てくるようになる頃には、病がかなり進行しているといっても過言ではありません。

神経障害

糖尿病特有の合併症のことを三大合併症と呼んでいますが、そのうちのひとつは、神経障害で、高血糖が続くことで、抹消神経が障害されてしまう病気となり、障害された箇所や部位に応じて、さまざまな症状が出現します。

網膜症

網膜症では、目の血管が傷つき、網膜の機能障害を引き起こした状態となりますが、こちらは視力低下から始まり、最悪の場合、失明に至る病ですが、網膜は、眼の中でカメラのフィルムのような働きをしており、高血糖が続くことで網膜に張りめぐらされた血管が傷ついてしまい、目にさまざまな障害を与えてしまうので、定期的に眼科を受診することが重要です。

腎症

三大合併症のなかでも、末期になると現れることが多い腎症は、患ってから、5年~15年の月日を経て発症することが多く、発症すると浮腫や血性心不全、精神的不安定、倦怠感などの症状が出たり、進行すると人工透析を受けなければならなくなります。 また、腎臓の毛細血管の塊である糸球体が減少し、血管障害が起こることにより、動脈硬化となり、腎不全につながっていきますが、自覚症状が出ないことが多いため、気づくのが遅れることも少なくありません。

その他の合併症

高血糖の状態が長く続くことにより、血管に障害が起きて、様々な血流障害が現れてきますが、そのひとつが動脈硬化で、高血糖の状態の長期化で血管の内部にキズが入り、そこにコレステロールなどが入って、血管を狭く脆くしてしまいますが、さらに、この動脈硬化は、さまざまな合併症を引き起こす要因ともなっています。

たとえば、心臓に栄養を送っている冠動脈に動脈硬化が起こると狭心症や心筋梗塞などの心疾患を引き起こしますが、脳の血管に動脈硬化が起きて詰ってしまうと脳梗塞となってしまいます。 血管内部には、内膜という膜があり、血液中の血糖値が高くなるとコレステロールやブドウ糖が変質して内膜に留まるため、血管の血流が悪くなったり、血管が硬くなる動脈硬化が発生します。

動脈硬化は、高血圧、高コレステロール、高血糖などで進みますが、コレステロール値が高くなくても、高血糖が続くことで動脈硬化は進んでしまいます。 なお、糖尿病でなくても、高血糖が長時間持続することで動脈硬化は進むため、境界線の予備軍でいても動脈硬化は確実に進んでいるといえるのです。 そして、糖尿病患者の心筋梗塞では、合併症のひとつである神経障害にも注意が必要で、神経障害が進行していると神経が死んでしまうため、心筋梗塞が起きても痛みを感じない無痛性心筋梗塞となることがあるので注意が必要です。

このような心筋梗塞にならないためには、動脈硬化の進行を抑制することが必要で、そのためには、運動、食事、投薬などにより、血糖値をコントロールして、高血糖の状態をできる限り減らすことが大切なこととなります。 また、脳梗塞は、合併症のなかでも、最も重篤となり易い病気ですが、糖尿病患者では、脳卒中の中でも、この脳梗塞にかかる割合が多い原因として、高血糖が続くことにより、身体中の血管の動脈硬化が進行してしまうことから、脳内の血管の動脈硬化により血管が詰まりやすくなって、脳梗塞を招きやすくなってしまうのです。

通常、糖尿病患者の多くは、肥満と高血圧を併せ持つ場合が少なくないため、動脈硬化の発症リスクはさらに高くなるといえます。 そのため、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らすためには、高血糖の状態をできるだけ減らすことが大切で、それにより、血管の負担や負荷を減らすことが出来るようになり、動脈硬化の悪化を防止することができます。そして、合併症には、下肢の動脈が慢性的に詰ってしまう閉塞性動脈硬化症がありますが、この病気では、最悪の場合には、血流が完全に止まって壊疽が起きてしまうことがあり、その場合には足を切断しなければならなくなります。

この閉塞性動脈硬化症は、大きな血管が慢性的に閉塞してしまう病気で、下半身の脚に症状が現れることが特徴的で、初期の段階では、下肢が冷えて血色が悪くなりますが、少し進行すると間歇性跛行という症状が出現し、少し歩くだけでふくらはぎが痛み、歩けなくなりますが、少し休むとまた歩けるようになるものの、徐々に歩行ができなくなる病気です。

やがて、進行すると歩かなくても疼くような痛みを感じたり、下肢の細胞が死滅して、潰瘍や壊死などの症状が出てくることがありますが、この病気は、足の血圧を測り診断することが容易なので、早期に受診することが重要です。 この病気では、整形外科などで受診しても原因不明とされたり、骨や筋肉などの病気と間違われることも少なくないため、必ず、血管などを扱う科で受診するようにしましょう。治療では、血液をサラサラにする内服薬や注射などを行いますが、喫煙も大きな要因であるため、禁煙は必須といえます。

このような閉塞性動脈硬化症も動脈硬化の一種ですが、高血糖が長期間続いていることにより、全身の血管が受けるダメージで血管が詰ることから起きる病気で、糖尿病から動脈硬化へ、そして閉塞性動脈硬化症というメカニズムとなっています。また、閉塞性動脈硬化症では、通常であれば、違和感を早期に発見することが可能ですが、神経障害が出ている患者の場合には、酷くなっても違和感どころか痛みなどが感じられないために、気付いたら足が壊疽していたということも少なくないのです。

そのため、神経障害を患っている場合には、毎日、しっかり定期的に足の様子を観察することが大切です。そして、定期的に、家族や医師に見てもらって変化がないかどうか確認してもらうことが非常に重要で、足を失わないためにも、病の悪化を防ぐためにも、普段から身体の状態の変化を見逃さないようにしましょう。

糖尿病の治療と予防について

.糖尿病治療の3つの柱となっているのは、食事、運動、投薬ですが、1型の場合には、インスリン投与が必須です。日本人の患者の場合には、2型の方が圧倒的に多いので、2型治療の中心として、投薬治療を行う場合に於いても、食事と運動による血糖値のコントロールは必要となります。

なお、合併症が進行しているような場合では、食事や運動に制限がかかることがあるため、かかりつけ医や栄養士などの専門家の指示の下、治療を行うようにします。 通常の治療法には、食事、運動、投薬の三つがおもな柱となりますが、基本的には、食事の量を適切に減らして、定期的に運動を行い、肥満を防ぐことが有効な治療法の一環となります。

また、食事と血糖値の増加には因果関係があり、食生活の見直しによって、血糖値の上昇を抑制し、インスリンの働きを良好にすることができるようになります。これは1型、2型などに関わらず治療の中心は食事療法であることから、食事をおろそかにしないようにしましょう。なお、食事療法がキツイというイメージが強いこの病の食事制限ですが、基本的に、合併症を起こしていないのであれば、何を食べても大丈夫なので、食事の質と量を適正に守ることを考えることが大切なこととなります。

食事をするうえで、糖分の摂取は避けられませんが、糖質を摂取すると血液中のブドウ糖が増加して、血糖値が上がります。

しかし正常な人ではインスリンの働きにより、血糖値は正常範囲内で抑制ができますが、糖尿病患者では、インスリンが正常に機能しないために血糖値が下がらず、高い状態が維持されてしまいます。また、肥満では、インスリンの働きを感知する部分であるインスリン受容体の感度が弱くなり、ブドウ糖の消費がスムーズに行かなくなるインスリン抵抗性という状態となります。

このような患者に、食事療法が効果的な理由は、食事の量を減らすことで、血糖値の上昇を最低限に抑制できること、食事量を減らすことで、肥満を解消してインスリン抵抗性を弱めることができます。食事療法のポイントとして、摂取するカロリーを適正量に抑えることや、栄養バランスを良くすること、食事の時間を適切にすること、そして、これらを継続することが挙げられています。 一般的に、治療のためには、1日1600カロリーが適正といわれていますが、体格と活動量を元にした具体的な計算が必要で、適切な量は、かかりつけ医や栄養士に相談することがおススメです。

また、栄養バランスでは、食事の品数を多くすることが基本で、野菜を多く摂るようにし、油脂の多い食品は少なめにしますが、合併症がある場合には、更なる制限が加わるため、医師の指導を受けるようにします。 さらに、食事の時間は、1日3回、適度な時間を開けて食事を摂るようにしますが、基本では、決まった時間に三度の食事を摂ることが大切で、間食はしないようにします。しかし食事の時間が空きすぎる場合には、摂っても良いでしょう。

これらのことを厳守しても、継続できなければ意味がないため、できるだけ、食事をストレスなく楽しめるように工夫して、治療をしていくことが重要です。 糖尿病の食事療法のレシピ本は市販されているので、食事を作る参考としたり、医師や管理栄養士など専門家のアドバイスや指導を受けることもおススメです。 治療では欠かせないものに運動療法がありますが、この運動による治療は、食事療法と並ぶ治療の中心であり基本で、必要不可欠な治療法といえます。

さらに、運動は、1型、2型を問わず、高血圧やコレステロール値を改善させる効果もあるため、積極的に取り入れるようにしましょう。 なお、合併症が進行している場合、運動制限がかかる場合があるので、必ずメディカルチェックを受けてから運動する計画を立てるようにします。

運動療法では、特に、2型では、運動不足や肥満などの生活習慣の乱れから病が起こっている場合が多く、インスリンの効力が弱まっている肥満の人には、運動をすることでインスリン受容体の働きが弱くなりインスリン抵抗力が強くなっている体質を改善させることができます。

生活習慣の乱れが原因ではない1型の場合でも、運動することによって、インスリンの量や注射をする回数を減らすことができるようになるなど、インスリンの働きを運動によって良好にすることが可能となります。食事の後に運動することで、ブドウ糖を消費し、上がった血糖値を迅速に下げることができるなど、1型、2型に関わらず、運動療法は有効といえます。

薬物療法やインスリン投与を行っている場合には、運動療法は、血糖値が上がる食後に行うようにし、血糖値が低い食前に行うと低血糖となる危険性があるので注意が必要です。

また、合併症が進行している場合、運動療法が逆効果となってしまう場合があり、動脈硬化が進んでいる場合、運動することで心筋梗塞や脳梗塞となる危険性もあります。さらに、神経障害が出ている場合、足の怪我にも気付きにくいことがあり、壊疽の要因ともなりかねないので、病が進行している場合には、かかりつけ医の指導を仰ぐようにします。

運動療法のポイントとして、食後、すぐに運動すると身体に負荷をかけてしまうため、食後、1時間程度のタイミングで行うようにすると上昇した血糖値を下げることができるので一石二鳥といえます。そして、運動の内容は、中程度の有酸素運動がもっとも効果的で、ウォーキングや水中歩行、自転車などが脂肪燃焼にも効果的で、1日30分~60分の運動を週に3、4回以上行うようにしますが、1回10分程度を1日3回行うことでも効果があります。

なお、投薬治療では、1型では、インスリン投与による治療が必須となりますが、2型の場合でも、年配の人や食後の血糖値が非常に大きい人では、飲み薬でインスリンの働きを強めたり、分泌を促進することがメインとなりますが、この分泌を促進する薬では、低血糖に注意が必要となります。

なお、近年では、数は少ないもののすい臓の移植手術も行われるようになり、今後、高い効果が望めるようになってきています。

糖尿病・高血糖対策サプリ おすすめランキング

実際の検証結果あり!「前田の菊芋」

大阪大学での検証結果がある糖尿病対策のサプリメント。糖尿病患者10人に試したところ2ヶ月で8人の血糖値が正常範囲に、残りの2人も血糖値の改善が見られたというサプリメントです。実際に管理人も試しましたが1ヶ月で驚くべき成果を出すことが出来ました。もちろんこのサプリだけではなく日々の食事制限と運動の効果も大きいのですがずっと下がらずにいた血糖値が改善しています。

前田の菊芋のメイン成分は食物繊維であるイヌリンです。イヌリンには血糖値を正常な範囲で保つ効果があるとも言われています。イヌリンは健康食品としても効果が高く、整腸作用もあり安心して飲むことが出来ます。

前田の菊芋のポイントは3つです。

前田の菊芋 3つのポイント

  1. イヌリンは水分を含むとゲル状になり糖をつつみこみ、これによって血糖値の上昇を抑制する事が出来ます。
  2. 腸内の善玉菌が大喜びの成分、それがイヌリンだとNHKためしてガッテンの番組内でも紹介されました。
  3. 水溶性の食物繊維が多く含まれているので、腸内環境の改善に役立つ成分として注目されています。

糖を燃焼させるALA!「アラプラス糖ダウン」

alaplus02

アラプラス糖ダウンは、郷ひろみさんのCMでも人気の高血糖対策サプリメントです。ALAという成分の力で糖の燃焼を促し、血糖値の改善が期待出来るサプリメントとなっています。また機能性表示食品となっており発売もSBIグループであるSBI アラプラモ株式会社で安心感があるサプリメントとなっています。

また1日1回1錠の服用で良いということで手間がかからないが嬉しいところ。

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウンの特徴は3つです。

  1. 飲む時間を選ばない!1日1錠でOK
  2. 空腹時と食後の血糖値をWで対策
  3. 大手企業が国内生産で徹底管理・機能性表示食品で安心

詳しくは詳細、または公式サイトで確認してください。

生活習慣病全体を改善してくれる!「もっとからだ天国」

もっとからだ天国は糖尿病を含む成人病全体に効果のあるサプリメントです。ただ治すというよりは予防をするという効果が高いと言えます。「もっとからだ天国」は植物性ケイ素(シリカ・珪素)が豊富に含まれていることが1つの売りになっていますがこのケイ素が身体を健康に保つ秘訣にもなっており、総じて糖尿病や成人病の予防や改善に効果があるようになっています。

もっとからだ天国は主に3つの成分が糖尿病や成人病の予防・改善に効果を発揮します。

  • ケイ素(シリカ)
  • 田七人参のサポニンエキス
  • イノシトール

これらの3つの成分が体質にあえば体調の改善に繋がります。1度使うと手放せないという方も大勢いる液体サプリメントとなっています。

また日本成人病予防協会推奨商品にもなっています。

 - 糖尿病という病気について