糖尿病患者が教える糖尿病サプリメント

2型糖尿病の管理人が試して血糖値を改善した糖尿病サプリをランキング形式で紹介

糖尿病の初期症状は?三大合併症から見る自覚症状

   

糖尿病かどうか不安になると糖尿病の初期症状について調べると思いますが糖尿病の初期段階では自覚症状がほぼ無いため自覚症状が出た時にはかなり進行していることがよくあります。そうならないためにも糖尿病の怖さをしっておくことが大切です。

糖尿病の怖さを知った上で定期的に健康診断や人間ドックを受けることが大切です。

検診風景

糖尿病という病気について

現代の生活習慣病の代表とも言える、糖尿病はインスリンというホルモンの低下によって高い血糖値が慢性的に続く病気のことです。糖尿病には1型と2型があります。日本では男性で6人に1人、女性では11人に1人が2型の糖尿病にかかっていると言われています。

1型はインスリン依存型とも言われ、インスリン分泌細胞が破壊されることで、インスリンの産生量が減少してしまう為、発症すると継続的なインスリン注射が必要となります。

2型はインスリン非依存型とも言われ、遺伝的要因や過食・運動不足等の乱れた生活習慣等からくるものです。

つまり一般的に言われている糖尿病は2型になります。従って2型の糖尿病の場合は、生活習慣の改善によって予防できる病気です。糖尿病の危険性が高いことは、様々な研究から分かっている事ですが、自覚症状のなさがその危険性を助長しています。

糖尿病自身の危険性よりも、随伴して起こる合併症が危険なので、その中でも最もよく起こる合併症を三大合併症と呼んでいます。この三大合併症がどれほど危険で恐ろしいものかを知る事で、自覚症状がない方も糖尿病に罹患していないかどうか検査や症状等でチェックしてください。

糖尿病の三大合併症について

最も頻繁に起こる可能性がある合併症の1つ目は、糖尿病網膜症です。

この症状は、網膜の微少な血管が損傷し視力が落ち、酷い場合は失明します。網膜の血管損傷によって起こる視力の減退、失明は、失明の原因の1番である為、しっかりと頭に入れておいた方が良い知識です。

頻繁に起こる可能性がある合併症の2つ目は、糖尿病神経障害です。この症状は、合併症の初期症状の中で最も早くあらわれるもので、自覚症状に気をつけていれば、早期に発見できる可能性が高い症状でもあります。原因としては末梢の神経障害であり、視力減退が末梢の血流障害という事を考えると、合併症の大半が四肢だけでなく、末梢の血流、神経障害と考えて気をつけることが比較的容易で早期発見できるコツとなります。

具体的には、手足の指の痺れや感覚鈍麻などが起こり、怪我や細菌感染などを起こしても気づかなくなります。それが進行してしまうと、最終的には壊死し、切断しなければならなくなるのです。その他、起立性低血圧や悪心、嘔吐、便秘、下痢と言った胃腸障害、更に勃起不全といった神経障害の症状も起こりやすくなります。以上の症状は細かく観察することによって気づける可能性がある為、充分に注意してください。

三大合併症1番の症状、糖尿病性の腎臓症状

腎臓の毛細血管が損傷することで、機能が著しく低下する為、症状が進行すると尿が作れなくなることを指しています。

このような状態になると、人工透析を受けなければいけなくなります。腎臓の状態をあらわすクレアチニン値などで透析が必要かどうか検査したりしますが、この状態は上述した三大合併症の内でも特に重症で、機械を使った透析は2日或いは3日に1度は受けなければ生きていけません。

もし透析を受けなければ、本来血中の老廃物を尿として出す為、機能が著しく低下、又は失われている為、老廃物が排泄できずに毒素として全身に周り、尿毒症症状が全身にあらわれ、死に至ります。尿毒症は、初めタンパク尿や尿量の変化から徐々に起こり、むくみ、高血圧、血尿などが起こりますが、肌の色が徐々に浅黒くなっていったり、仕事や年齢に関係なくむくみがとれなくなってくると機能低下を疑うことから考えていくのが、一般の人には分かりやすい症状です。ここでも状態が酷くなってくると、だるさ、吐き気、食欲不振、頭痛などの外、呼吸困難に陥ったような感覚や出血症状があらわれる場合もあります。

いずれにしても、ここまでの症状が出ていたらすぐに病院へ行くことをお勧めします。

自分で分かる糖尿病の初期症状

以上のように、糖尿病には三大合併症があり、合併症のそれぞれに特徴的な初期症状があります。

本質的には生活習慣の改善が1番ですが、自覚しにくい為、それぞれの特徴的な初期症状を理解し、定期的に気をつけることで、早期発見早期治療をすることができます。

糖尿病網膜症に関しては、眼の白い部分の血流状態と睡眠、緊張状態とを考え合わせてください。日常生活で睡眠不足であれば、毛細血管への血流は悪くなります。特に四肢末端と眼に良くあらわれる為、症状が憎悪しやすく確認しやすいのです。

糖尿病神経障害に関しては、痺れが1番です。それも足の指の痺れが頻繁に起こる場合は、下肢に感覚麻痺がないか触ってみることが大切です。感覚が麻痺していて神経障害が起こっていれば同時に血流も悪くなっている可能性が高い為、足はいつも冷えているが自覚症状はないといったような状態だと糖尿病神経障害を疑ってください。

最後の糖尿病性の腎臓症状に関しては、特に日常生活の生活習慣が関わってきますので、油ものや乳製品、刺激物などの摂取が多すぎていないかを真っ先にチェックし、そこに問題がなければ体力を年齢に反して使いすぎていないか、睡眠が充分にとれているかを確認してください。

糖尿病・高血糖対策サプリ おすすめランキング

実際の検証結果あり!「前田の菊芋」

大阪大学での検証結果がある糖尿病対策のサプリメント。糖尿病患者10人に試したところ2ヶ月で8人の血糖値が正常範囲に、残りの2人も血糖値の改善が見られたというサプリメントです。実際に管理人も試しましたが1ヶ月で驚くべき成果を出すことが出来ました。もちろんこのサプリだけではなく日々の食事制限と運動の効果も大きいのですがずっと下がらずにいた血糖値が改善しています。

前田の菊芋のメイン成分は食物繊維であるイヌリンです。イヌリンには血糖値を正常な範囲で保つ効果があるとも言われています。イヌリンは健康食品としても効果が高く、整腸作用もあり安心して飲むことが出来ます。

前田の菊芋のポイントは3つです。

前田の菊芋 3つのポイント

  1. イヌリンは水分を含むとゲル状になり糖をつつみこみ、これによって血糖値の上昇を抑制する事が出来ます。
  2. 腸内の善玉菌が大喜びの成分、それがイヌリンだとNHKためしてガッテンの番組内でも紹介されました。
  3. 水溶性の食物繊維が多く含まれているので、腸内環境の改善に役立つ成分として注目されています。

糖を燃焼させるALA!「アラプラス糖ダウン」

alaplus02

アラプラス糖ダウンは、郷ひろみさんのCMでも人気の高血糖対策サプリメントです。ALAという成分の力で糖の燃焼を促し、血糖値の改善が期待出来るサプリメントとなっています。また機能性表示食品となっており発売もSBIグループであるSBI アラプラモ株式会社で安心感があるサプリメントとなっています。

また1日1回1錠の服用で良いということで手間がかからないが嬉しいところ。

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウンの特徴は3つです。

  1. 飲む時間を選ばない!1日1錠でOK
  2. 空腹時と食後の血糖値をWで対策
  3. 大手企業が国内生産で徹底管理・機能性表示食品で安心

詳しくは詳細、または公式サイトで確認してください。

生活習慣病全体を改善してくれる!「もっとからだ天国」

もっとからだ天国は糖尿病を含む成人病全体に効果のあるサプリメントです。ただ治すというよりは予防をするという効果が高いと言えます。「もっとからだ天国」は植物性ケイ素(シリカ・珪素)が豊富に含まれていることが1つの売りになっていますがこのケイ素が身体を健康に保つ秘訣にもなっており、総じて糖尿病や成人病の予防や改善に効果があるようになっています。

もっとからだ天国は主に3つの成分が糖尿病や成人病の予防・改善に効果を発揮します。

  • ケイ素(シリカ)
  • 田七人参のサポニンエキス
  • イノシトール

これらの3つの成分が体質にあえば体調の改善に繋がります。1度使うと手放せないという方も大勢いる液体サプリメントとなっています。

また日本成人病予防協会推奨商品にもなっています。

 - 糖尿病という病気について , ,