糖尿病患者が教える糖尿病サプリメント

2型糖尿病の管理人が試して血糖値を改善した糖尿病サプリをランキング形式で紹介

糖尿病の食事療法と食事制限。重要なことは?

   

糖尿病になると基本的には食事制限や食事療法を行うことが必要になってきます。しかし具体的に食事制限とか食事療法ってどのように行えば良いのでしょうか?

糖尿病の食事制限や食事療法における大切なポイントを説明します。

高カロリーな食事をする肥満男性

適正なエネルギー量の食事をとる

糖尿病の治療の基本は食事療法です。

糖尿病の食事療法の一つとして、個人にあった適正なエネルギー量の食事をとる、ということがとても大切な目標になります。

適正なエネルギー量はひとりひとり違います。年齢、性別、肥満度(体重)、血糖値、合併症、一日の身体活動量などを目安に医師や医療スタッフが決定します。過剰なカロリーの摂取は、インシュリンの必要量を増やして、すい臓の負担を増やしてしまいます。また、肥満になるとインシュリンの効きが悪くなってしまいます。

食事療法はすい臓の働きを回復させ、血糖をコントロールするためにとても重要な役割があります。またカロリーが低ければよいというものではなく、適切な栄養を取ることが大事です。適正なカロリーの範囲内で、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよくとることが大事になります。

特に糖尿病で食べてはいけない食事はありませんが医師から渡された食事指示票(食事指導票)にその人にあった適正カロリーが指示されているので、それをもとに適正なカロリーの食事をとるように心がけます。

つまり糖尿病の食事療法とは特別な食事ではなく健康的な食事と言えます。

規則正しく食事をすること

二つ目の食事療法のポイントはできるだけ1日3回、一定の量で規則正しく食事をすることです。

食事の回数を減らしてしまうと、1回の食事の量が増えて血糖値の急上昇につながりすい臓の負担が増えてしまいます。また、空腹の時間が長くなると栄養素の吸収量が増えてしまうので、体脂肪がつきやすくなってしまいます。

一番よくないのが朝食を抜いて、夜にたくさん食べる方法です。

夜にまとめて食べると血糖値が急上昇して血管やすい臓に負担がかかります。またインシュリンを打っている人は、空腹の時間が長くなるとインシュリンのコントロールが難しくなり血糖値が低下してしまいます。その結果体調を崩してしまいめまいや動悸、ひどくなると昏睡状態になることもあります。

また早食いをすると血糖値が急上昇するため早食いは良くありません。ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。また、食後一時間以内に運動や入浴をするとエネルギーとして糖分が使われるので血糖値は低めにコントロールすることができます。

また深夜遅くに食事をすると、体は脂肪としてためこもうとする性質があるため、体脂肪がつきやすくなるので、夜10時以降は食事をしないようにします。

バランスよく食事をする

糖尿病の食事療法で大切なことは、栄養素をまんべんなくとることです。

炭水化物を含む食品、たんぱく質を含む食品、脂質を含む食品、ビタミン、ミネラルを含む食品をバランスよくとるようにします。厚生労働省の指針によると野菜を1日に350g以上とるようにし、そのうち緑黄色野菜を120g以上とるようにすることとされています。

また適正カロリーの範囲内で、脂の多い食事をなるべく避けるようにします。てんぷらやフライの衣を取り除いて食べると良いです。甘いものやお菓子はカロリーの取りすぎにつながるので最低限の量に抑えます。またアルコールを飲むと、食が進み塩分の多いおつまみがほしくなってしまうのでアルコールは避ける必要があります。

味付けはなるべく薄味にします。

濃い味にすると、塩分の取りすぎになってしまいます。特に干物類、漬物類、汁物、塩蔵品などは塩分がたくさん含まれているので要注意です。飲み物もジュース類には砂糖がたっぷり含まれているので飲まないほうが良いです。コーヒーや紅茶も一日のカロリーの範囲内にします。お砂糖をたっぷり入れるとカロリーオーバーになってしまいます。お茶や野菜ジュースはカロリーもないので、積極的に飲みたい飲み物です。

糖尿病の合併症がある人はさらに食事療法に要注意

合併症のある人はより厳密な食事療法が必要です。

たとえば、脂質異常症(高脂血症)の人は適正なカロリー摂取量を守ることがとても大切です。脂や糖分をとりすぎないように細心の注意が必要になります。

また高コレステロール血症の人は、コレステロールを医師から指示された量で守るようにします。高血圧の合併症がある人は塩分を制限した食事療法を行います。1日の塩分は6グラム以下と決められています。醤油や塩など調味料の量にも注意が必要です。目加減で塩や醤油を使うのではなくきちんと小さじや大さじで図って調味料を使うようにします。

糖尿病や糖尿病の合併症を進行させないためにも血圧の管理はとても重要なことになります。

また腎臓の合併症がある人もきちんとした食事療法が必要です。クレアチニンの数値が高くなり始めたら腎機能が低下していることを示しています。腎機能が低下し始めたら摂取たんぱく量の制限をする必要があります。医師もしくは栄養管理士の指導の下で、腎臓機能を低下させないような食事療法を進めていく必要があります。腎機能が低下し、高血圧の症状もある場合食事療法はとても厳しいものになります。尿毒症や腎不全にならないためにも食事療法の徹底が大事です。

糖尿病・高血糖対策サプリ おすすめランキング

実際の検証結果あり!「前田の菊芋」

大阪大学での検証結果がある糖尿病対策のサプリメント。糖尿病患者10人に試したところ2ヶ月で8人の血糖値が正常範囲に、残りの2人も血糖値の改善が見られたというサプリメントです。実際に管理人も試しましたが1ヶ月で驚くべき成果を出すことが出来ました。もちろんこのサプリだけではなく日々の食事制限と運動の効果も大きいのですがずっと下がらずにいた血糖値が改善しています。

前田の菊芋のメイン成分は食物繊維であるイヌリンです。イヌリンには血糖値を正常な範囲で保つ効果があるとも言われています。イヌリンは健康食品としても効果が高く、整腸作用もあり安心して飲むことが出来ます。

前田の菊芋のポイントは3つです。

前田の菊芋 3つのポイント

  1. イヌリンは水分を含むとゲル状になり糖をつつみこみ、これによって血糖値の上昇を抑制する事が出来ます。
  2. 腸内の善玉菌が大喜びの成分、それがイヌリンだとNHKためしてガッテンの番組内でも紹介されました。
  3. 水溶性の食物繊維が多く含まれているので、腸内環境の改善に役立つ成分として注目されています。

糖を燃焼させるALA!「アラプラス糖ダウン」

alaplus02

アラプラス糖ダウンは、郷ひろみさんのCMでも人気の高血糖対策サプリメントです。ALAという成分の力で糖の燃焼を促し、血糖値の改善が期待出来るサプリメントとなっています。また機能性表示食品となっており発売もSBIグループであるSBI アラプラモ株式会社で安心感があるサプリメントとなっています。

また1日1回1錠の服用で良いということで手間がかからないが嬉しいところ。

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウンの特徴は3つです。

  1. 飲む時間を選ばない!1日1錠でOK
  2. 空腹時と食後の血糖値をWで対策
  3. 大手企業が国内生産で徹底管理・機能性表示食品で安心

詳しくは詳細、または公式サイトで確認してください。

生活習慣病全体を改善してくれる!「もっとからだ天国」

もっとからだ天国は糖尿病を含む成人病全体に効果のあるサプリメントです。ただ治すというよりは予防をするという効果が高いと言えます。「もっとからだ天国」は植物性ケイ素(シリカ・珪素)が豊富に含まれていることが1つの売りになっていますがこのケイ素が身体を健康に保つ秘訣にもなっており、総じて糖尿病や成人病の予防や改善に効果があるようになっています。

もっとからだ天国は主に3つの成分が糖尿病や成人病の予防・改善に効果を発揮します。

  • ケイ素(シリカ)
  • 田七人参のサポニンエキス
  • イノシトール

これらの3つの成分が体質にあえば体調の改善に繋がります。1度使うと手放せないという方も大勢いる液体サプリメントとなっています。

また日本成人病予防協会推奨商品にもなっています。

 - 糖尿病という病気について , ,