糖尿病患者が教える糖尿病サプリメント

2型糖尿病の管理人が試して血糖値を改善した糖尿病サプリをランキング形式で紹介

インスリンって何?糖尿病になったら必ず必要?

   

糖尿病になるとインスリンを注射すると思っている方も多いと思います。でもそもそもインスリンって何?という方にインスリンとは何か説明をした上で、糖尿病治療に使う薬はインスリン以外のものもあることを説明します。2型糖尿病で合併症を発症していない場合、インスリンを処方されることは稀です。

 

インスリン注射

インスリンはどのような物質なのか

糖尿病の患者が、血糖値を下げる治療法としてインスリンを注射するのはよく知られています。しかし、そもそもインスリンとは何かというと、もともと人の体内にあるホルモンのことです。

どのような働きをするのかというと、膵臓のランゲルハンス島β細胞という細胞が作り出し、血液中のブドウ糖の量が多くなると量を減らすように働きかけます。より詳しく言えば、ブドウ糖は血液から体の細胞に取り込まれ、エネルギー源となり、それでも余ったブドウ糖に関して脂肪細胞で取り込ませるのです。この働きにより、血中のブドウ糖の量は適度に保たれると同時に、人の体を動かすメカニズムの重要な歯車をつくりだしているといえます。

人は休むことなく動き続けているのですから、インスリンの分泌も1日を通して一定量があります。これが基礎分泌というものです。

しかし、人は食事をすれば食べ物を消化して、劇的に血中のブドウ糖の量が増える時間が出てきます。そのようなときに、追加でインスリは分泌されるのです。

これを追加分泌と呼びます。

健康の人の場合には、インスリンの分泌に問題はないのですが、糖尿病患者の場合には、追加分泌から弱まり、血糖値が上がっていくのです。またはインスリンが分泌されてもインスリンが効きにくくなってしまうこともあります。

血糖値が上がることのデメリット

血糖値が上がると糖尿病になるというのは、理解するのにそう難しいことではないのですが、では血糖値が上がるとどのようなデメリットが出てくるのでしょうか?

血液中の糖分は、粘り気のある状態です。それが血管を流れてしまうと、壁などに張り付き、コラーゲンと結びつきます。

それがAGEです。

変化した糖分は、今度は壁に張り付いたまま固くなってしまい、血管の弾力を失わせてしまうのです。弾力を失った血管というのは傷つきやすくなり動脈硬化を引き起こす原因となります。他にも、高血糖となればグルコースが増えてしまうのですが、そのグルコースに水が細胞膜に浸透することを邪魔する働きをします。

そうなると、細胞外液がナトリウムの量に比べて多すぎて低ナトリウム症を引き起こしてしまうのです。そして血圧が高くなり、血管に過剰な負荷がかかってしまいます。

見た目の問題を言えば、インスリンが体中にエネルギーを供給できなくなってしまうと、常に空腹を感じるようになります。いくら食事をしても、まだ足りないと欲してしまうのです。それで必要以上の食事を摂り続け、体重が大幅に増加してしまうのです。

それはさらなるインスリン不足を引き起こし、空腹感が強くなるというループになります。

インスリンが減少する理由

何故糖尿病でインスリンが減ってしまうのかというと、その理由は主に2つのタイプが考えられます。

ひとつは本人の行動ではなく体質やウイルスによってなってしまうものです。体を守るべきリンパ球によってインスリンをつくりだす膵臓のランベルハンス島β細胞が破壊されてしまうために引き起こされてしまいます。

1年間で1万人に1.5人から2.5人ほど発症するという、糖尿病の中では割合の低い理由となります。

そしてふたつめは生活習慣によって引き起こされる糖尿病です。

暴飲暴食や運動不足、ストレスなどがその要因です。

たとえば、暴飲暴食をするとどうなるのかというと、食事をすれば当然の事ながら血糖値は上がります。ですから、膵臓は血糖値を下げようとインスリンを分泌するのです。

しかし、暴飲暴食を止めなければ、やがては膵臓の働きが弱まり、インスリンの必要な量を確保することができなくなるのです。特に揚げ物など高カロリーの食べ物を食べ続けたり、インスリンの分泌を抑えるアルコールを過剰に摂取すると、余計にインスリンの量が減ってしまうのです。

糖尿病の患者は、ほとんどがこの生活習慣によるものです。体質やウイルスによるものを1型、生活習慣によるものを2型として区別します。

インスリン注射の方法

インスリンが足りないのであれば、いろいろと方法はあるものの体の外から補う方法が一番確実です。その方法が注射です。もちろん注射以外(インスリン以外)の糖尿病の治療薬もありますのでインスリンがすぐに処方されることは稀ですが1型糖尿病であればほぼすぐにインスリンは処方されます。

通常注射というと、皮膚から筋肉まで針を挿入する部分によって区別されますが、この場合には皮下組織に注入する皮下注射ということになります。そして注射をする部分ですが、インスリンを早く効果的に体に吸収できるということでえ、お腹の部分に刺すのが一般的です。ついで上腕の外側、おしり、太ももの内側というようになっています。

注意点として、注射をする部分というのは、その次も同じ場所に針を刺すと、皮膚が硬くなるといった問題が生じてしまいます。その都度、数センチずつずらしていき、お腹でしたらへそを中心として、円を描くようにしていきます。注射をするときには、注射器をよく振り、薬剤を少し出す空打ちという準備が必要です。

薬剤の量や注射器の握り方などは、定められている方法でやることです。一度注射をすれば、効果が出てくるのはおよそ10分から20分後くらいです。

そして効果の持続時間はおよそ3時間から5時間となっています。効果の速さ、時間によってタイプがあり、注射をするタイミングを間違えると低血糖と言われる症状になり貧血に似た症状や急激な眠気に襲われることがあるのできちんと医師の指示にしたがって行うことが大切です。

インスリン以外の糖尿病の薬

2型糖尿病で合併症を併発していない場合、インスリンが処方されることは稀です。ほとんどは飲み薬を処方されます。

糖尿病はインスリンの分泌が少ないかインスリンが効きにくい状態ですから、インスリンの分泌を促す薬やインスリンの効きをよくする薬もあります。この場合はインスリンがまだ分泌されていることが前提になります。

またインスリンは糖を吸収しなければ必要ない訳なので糖の吸収を抑える薬もあります。また糖を素早く排泄してしまえば良いので糖の排泄を促す薬もあります。

  • インスリンの分泌を促す薬
  • インスリンの効果をよくする薬
  • 糖の吸収を抑える薬
  • 糖の排泄を促す薬

インスリンはこれらの薬の効果が見込めない時や、すぐに血糖値を下げる必要性がある時に処方されると考えた方が良いでしょう。

ただし、あくまでも医師と糖尿病患者との間で決めるものであり、糖尿病の薬の中には副作用を伴うものもあるため経過観察をしながら薬を続けるか変更するかを行っていきます。

糖尿病治療に必ずしもインスリンを使うという訳では無いこと、医師と患者の間で決めていくということを覚えておくと良いでしょう。

糖尿病・高血糖対策サプリ おすすめランキング

実際の検証結果あり!「前田の菊芋」

大阪大学での検証結果がある糖尿病対策のサプリメント。糖尿病患者10人に試したところ2ヶ月で8人の血糖値が正常範囲に、残りの2人も血糖値の改善が見られたというサプリメントです。実際に管理人も試しましたが1ヶ月で驚くべき成果を出すことが出来ました。もちろんこのサプリだけではなく日々の食事制限と運動の効果も大きいのですがずっと下がらずにいた血糖値が改善しています。

前田の菊芋のメイン成分は食物繊維であるイヌリンです。イヌリンには血糖値を正常な範囲で保つ効果があるとも言われています。イヌリンは健康食品としても効果が高く、整腸作用もあり安心して飲むことが出来ます。

前田の菊芋のポイントは3つです。

前田の菊芋 3つのポイント

  1. イヌリンは水分を含むとゲル状になり糖をつつみこみ、これによって血糖値の上昇を抑制する事が出来ます。
  2. 腸内の善玉菌が大喜びの成分、それがイヌリンだとNHKためしてガッテンの番組内でも紹介されました。
  3. 水溶性の食物繊維が多く含まれているので、腸内環境の改善に役立つ成分として注目されています。

糖を燃焼させるALA!「アラプラス糖ダウン」

alaplus02

アラプラス糖ダウンは、郷ひろみさんのCMでも人気の高血糖対策サプリメントです。ALAという成分の力で糖の燃焼を促し、血糖値の改善が期待出来るサプリメントとなっています。また機能性表示食品となっており発売もSBIグループであるSBI アラプラモ株式会社で安心感があるサプリメントとなっています。

また1日1回1錠の服用で良いということで手間がかからないが嬉しいところ。

アラプラス糖ダウン

アラプラス糖ダウンの特徴は3つです。

  1. 飲む時間を選ばない!1日1錠でOK
  2. 空腹時と食後の血糖値をWで対策
  3. 大手企業が国内生産で徹底管理・機能性表示食品で安心

詳しくは詳細、または公式サイトで確認してください。

生活習慣病全体を改善してくれる!「もっとからだ天国」

もっとからだ天国は糖尿病を含む成人病全体に効果のあるサプリメントです。ただ治すというよりは予防をするという効果が高いと言えます。「もっとからだ天国」は植物性ケイ素(シリカ・珪素)が豊富に含まれていることが1つの売りになっていますがこのケイ素が身体を健康に保つ秘訣にもなっており、総じて糖尿病や成人病の予防や改善に効果があるようになっています。

もっとからだ天国は主に3つの成分が糖尿病や成人病の予防・改善に効果を発揮します。

  • ケイ素(シリカ)
  • 田七人参のサポニンエキス
  • イノシトール

これらの3つの成分が体質にあえば体調の改善に繋がります。1度使うと手放せないという方も大勢いる液体サプリメントとなっています。

また日本成人病予防協会推奨商品にもなっています。

 - 糖尿病という病気について ,